coco-emi (ここえみ)は、アンガーマネジメント(怒りのコントロール方法)研修、コミュニケーション研修、コーチング研修、セミナー講師、イベント司会を行っているフリーアナウンサーです。山口県、広島県、福岡県、大分県

【採用担当者向け】今すぐ使える!オンラインでの話し方 vo.4

 仕事柄、企業の方とお話する機会があり質問をいただくことがありますので、オンライン採用での話し方についてお伝えしています。特に、動画撮影などでカメラの前で話す時のポイントについて参考になれば幸いです。

ポイント:「こんにちは。」「ありがとうございます。」を読んではいけない

20年間、人前で話すことを生業としていますので、発表される方の冒頭の挨拶を聞けば、その後、どんな話し方で進んでいくのかがわかってしまいます。原稿を読んでいるのか、相手に伝えようとしているのかの違いが出てくるのです。 「皆さん、こんにちは。」や、「~をご覧くださり、ありがとうございます。」という言葉を原稿に書いていると、挨拶をつい読んでしまっている方もいらっしゃいます。読んでいるのか伝えているのかの違いは、実際に聞いてみるとよくわかると思います。説明が難しいですが、読んでいる場合は、原稿の一部として、さらさらと、間をあけずに、すぐ次の文へ続く読み方になっています。
私が新卒での入社後、はじめてニュースをお伝えしたのは1年目の6月、まさにこの時期でした。ニュースの時間は2分間。この2分のために、できるだけの準備を行いました。原稿を何度も何度も練習し、慣れているアナウンサーなら2分で読める原稿が、時間内に収まらないため、短くしてもらい、さらに「こんにちは。ニュースをお伝えします。」まで原稿に書き込んでいました。練習した甲斐もあり、無事に2分以内に読み終えました。新人が通る初めての道、伝わったかどうかはさておき、とりあえず事なきを得ました。しかし、何日か経験を積んだのち、先輩から「次は、挨拶を読むのではなく、伝えるように意識をしてみて。」と言われました。録画したニュースを見てみると、冒頭の挨拶を意識するだけで、印象が随分変わったことを覚えています。 最初の印象は大切です。「冒頭の挨拶を読まない」ように心掛けてみてくださいね。